写真で振り返る5.17住民投票~大阪市を守った日

2015年5月17日――大阪市の解体を狙った「大阪維新の会」によって仕掛けられた住民投票から、市民の力で大阪市を守った日。

当時の記録は当サイト内でも日記のような形式で文章にしていますが、ここでは写真で振り返ってみます。

ビラ・ポスター

政党や関連団体だけの運動にとどまらず、組織に属していない市民が個人として立ち上がり、手書きやワープロ印刷のビラをまくなどした例もありました。

住之江区医師会は地元の住吉市民病院統廃合問題を通じて、「都構想」反対の立場を鮮明にしました。また「都構想」反対を表明した町会連合会もありました。

街頭宣伝

維新側の宣伝

大阪維新の会の側は、国政政党の政党助成金を背景に、宣伝物やネット広告・揃いのTシャツなど、大量の資金を注ぎ込んだ組織的宣伝をおこないました。賛成派は事実上大阪維新の会のみの組織的活動で、一般の個人が勝手連的に立ち上がる例は報告されていません。

住民投票で反対を訴える側が文字通り手弁当で、政党・団体の枠を超えて個人での動きも広まったことと対照的でした。

また、反対を呼びかける街頭宣伝に維新市議が恫喝を加える、反対派の集会に維新関係者とみられる複数の人物が妨害目的で乱入して口汚い野次を執拗に飛ばすなど、維新の側からの暴力的な妨害行動も確認されています。

スポンサーリンク