維新関係者の不祥事・不適切行動:飯田哲史大阪市議

不祥事や不適切な言動が目立つ大阪維新の会。新聞報道などをもとに、維新関係者の不祥事や不適切と判断されうるような言動をまとめてみました。

(肩書は当時)

飯田哲史(城東区)

還流事件

2011年5~12月、政務活動費で支払った事務所賃料の一部を、家主から後援会への政治献金として寄付をもらう形で還流。

あらかじめ本来の事務所賃料に数万円上乗せした額を家主側に支払い、その分を政務活動費でまかなう。そして、家主は本来の家賃との差額を政治献金として寄付した。

ツイッターで一般有権者攻撃

2015年大阪市長選挙の際に、ツイッターで共産支持者と表明している一般有権者のアカウントの人に対し、そのアカウントの人が宣伝活動の様子をアップしていたことや宣伝に参加していたことに対して、「違法」と難癖をつけて執拗に絡む。

2015年大阪市議補選での中傷

2015年11月大阪市議選西成区補欠選挙で、「西成大阪維新の会」候補が出馬したことについて、「他党が維新票を割るための妨害工作」と印象づけるような物言いをツイッターに書きこむ。

不適切な議会質問

2015年10月の本会議では、議会活動の範疇を超えて、同年11月の大阪市長選を見越した政治活動・選挙運動とも取れる逸脱質問をおこない、注意される。

ツイッターで一般市民恫喝

2017年8月19日、住吉市民病院問題で発信している匿名のツイッターアカウントに対して、そのアカウントの持ち主の実名と勤務先とされるものを名指ししてツイッターで晒した上で、「刑事告訴する」と恫喝。

堺市長選挙で井戸正利のデマ攻撃に加勢

2017年8月、井戸正利が「堺市の公園は草ぼうぼう。公園関係団体が補助金を竹山市長応援に使っている」と何の根拠もない憶測をツイッターでつぶやいたことに呼応、「堺市の公園は草ぼうぼう」とする写真をアップ、しかし「大阪市でも、公園や道路は維新市政になってから草ぼうぼうになった」と指摘され、証言や証拠画像が多数アップされることに。

タイトルとURLをコピーしました