維新関係者の不祥事・不適切行動:村上栄二大阪市議(当時)

不祥事や不適切な言動が目立つ大阪維新の会。新聞報道などをもとに、維新関係者の不祥事や不適切と判断されうるような言動をまとめてみました。

(肩書は当時)

村上栄二(東淀川区)

2011年~15年大阪市議(1期)、2015年市議選には不出馬、のち故郷の広島県福山市長選挙に出馬して落選、2019年4月広島県議(福山市選挙区)に当選。

森友学園との密接なつながり

本人ブログによると、市議在職時代にしばしば塚本幼稚園(森友学園)を訪問して視察し、「保守が強い」教育を褒め称えるエントリを記載している。

森友学園に便宜を図り市職員恫喝

2012年2月、大阪市淀川区の塚本幼稚園(学校法人森友学園)に隣接する公園で植樹や花壇などの緑化工事がおこなわれることになった。

その際、公園を幼稚園グラウンド代わりに無断で占拠して球技などを日常的におこない、地域住民とトラブルになっていた幼稚園側が、工事に反対する苦情を出した。大阪市の担当者が塚本幼稚園を訪問して工事内容を説明しているところに、市位謙太市議(当時)とともに同席して圧力をかけ、工事計画を一部撤回させる。

その際に「担当所長の顔と名前を一致させに来た」「市長は一部の老害・形骸化した私物のように公園を扱う奴絶対に許さんぞ」「俺は絶対に許さんぞ」「強行したら絶対にお前ら潰すからな」「文教経済委員会で名指しでお前らを質疑で出すからな」などと担当者を恫喝したことを、自慢げにブログに記載。

兵庫県西宮市長選挙での暴言事件

2014年4月の西宮市長選挙では、村上が「政治の師匠」と仰ぐ今村岳司候補(同年の市長選挙で当選。組織的には維新ではないが、市長就任後に複数の暴言事件など「維新的な」トラブルを繰り返して1期目任期満了直前に辞職)の支援に行ったと自らブログに書いた。

それを見つけた西宮市の共産党関係者が「村上栄二大阪市議が某候補の支援に来ていた」という事実をブログで紹介するとなぜかブチ切れ、「共産党の○○(実名呼び捨て)かかってこい」「老眼つけたほうがええんとちゃうか」「目上だからといっても関係あるか」などチンピラまがいの汚い言葉をブログに書き連ねる。しかも当該人物の事務所に殴り込みをかけたが相手は出てこなかったとまで記載。

タイトルとURLをコピーしました