維新の街頭タウンミーティングを見てきました

3月12日昼11時から西成区役所前でおこなわれた、大阪維新の会街頭タウンミーティングを見てきました。

西成区役所は岸里交差点・大阪市営地下鉄四つ橋線岸里駅前にあります。交差点では維新の会の人たちがビラを配っていましたが、受け取りはあまり良くなかったように見えました。

一人の老人が、維新の会の人に質問していました。「大阪都構想で税金安なるのん?」維新の人は答えに詰まっていました。

会場につくとそれなりに聴衆はいるといえども、立錐の余地はないというほどではなくスペースには余裕があり、鈴なりというほどではありませんでした。
(写真は11時49分頃)
西成区役所前タウンミーティング

昼12時を過ぎると、まだ橋下がしゃべっているにもかかわらず、目に見えて聴衆が減っていったのは印象的でした。拍手もまばらでした。

(写真は12時18分頃。車の上では橋下がしゃべっています)西成区役所前タウンミーティング

参加者からの質問で、最後に質問された女性のかたの質問が印象に残りました。

「今の西成区だと、区の南西の端の南津守でも北の端の萩之茶屋でも、区のどこからでも自転車で10分あれば区役所に着ける。大阪都構想だと区役所が遠くなると思うのだが」

橋下は「区役所はなくしません。今の大阪市だと24区だから、市長が全部見れません。だから大阪都構想で区長が今の5~6区を見る仕組みにする」

質問者は「今の区役所は支所になるということですか。市長が24区をみれないというのなら、区長が5区を見るのも一緒のような気がしますが」とさらに質問。

心なしか、橋下は回答に窮してたように感じました。

また会場では、維新の支持者という人が維新スタッフに話しかけている声が聞こえてきました。「投票率30%を越えなアカンなあ。頑張ってや」

投票率30%って、大阪市長選では過去最低の投票率だった28.5%(1995年)をわずかに超える水準。それを目指すとか維新の支持者ですら言うくらいなのだから、それだけ盛り上がっていないということでしょう。

虚構新聞の上をゆく橋下・維新

 大阪府市エネルギー戦略会議は5月15日、原発停止などに伴う電力不足の可能性を見越した節電策と称して、照明が明るすぎるオフィスや店舗を住民が見つけて通報し、中小事業者に節電を促す「節電通報窓口」の設置を提案した。

 密告で監視社会を作るつもりなのだろうか。

 一方で、社会風刺的な嘘ニュースを創作して発表するジョークサイト『虚構新聞』には、2012年5月9日付で以下のような記事がアップされている。

政府、「電力監視隣組」を創設 6月にも法制化 (これは嘘ニュースです)

 政府が「電力監視隣組」を創設し、近隣住民に電力使用量を相互監視させ、密告制度なども設けるという風刺記事。単なるジョークのはずが、橋下・維新の手によって(全く同じ形ではないとはいえども大筋で似たような形で)現実社会で提案されることになった。

 虚構新聞は冗談記事・パロディ・社会風刺のはずが、橋下・維新の手にかかると虚構新聞の斜め上をゆく現実が生まれてしまったことになる。

タイトルとURLをコピーしました