文楽鑑賞で頓珍漢な感想を述べた橋下市長

橋下・維新文化破壊

 橋下徹大阪市長は7月26日夜に文楽を鑑賞し、案の定波紋を巻き起こした。

 府知事時代には「二度と見に行かない」などと酷評し、市長になってからも補助金削減や敵視発言なども繰り返していた。

 かねてからの文楽敵視に加えて、先日コスプレ不倫報道があったこともあり、何かやらかす予感はしていたが。

 『曽根崎心中』を鑑賞したとのことだが、鑑賞後「古典として守るべき芸だということは分かったが、新規のファンを広げるためには台本が古すぎる」 「ラストシーンがあっさりしていて物足りない。演出不足だ。昔の脚本をかたくなに守らないといけないのか」などと批評した。

 何を頓珍漢なことを言っているのだろう。古典作品に対して「台本が古すぎる」って、ただの言いがかりでしかない。古い時代の作品だから古典という。

 この人は現代的な商業ベースの文化にしか興味がない・金にならない文化活動はどうでもいいというのは、これまでの言動で読み取れるが、「演出不足」呼ばわりはむちゃくちゃな上から目線である。

 文楽を始め理解しない、しようともしない人が頓珍漢な主張をおこない、文化を破壊するのは残念と言わざるをえない。

スポンサーリンク