「東京維新の会」の時代錯誤

『しんぶん赤旗』2012年10月5日付に、とんでもない記事が掲載されていた。

こんな記事。

大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成

橋下徹大阪市長の「日本維新の会」と連携し、9月に結成した都議会新会派「東京維新の会」(民主・自民を離党した3人で構成)は4日の都議会第3
回定例会最終本会議で、現行の日本国憲法を無効とし、戦前の「大日本帝国憲法」の復活を求める時代錯誤の請願に賛成しました。請願は日本共産党、民主党、
自民党、公明党、生活者ネット・みらいなどの反対で不採択となりました。

請願は、天皇を元首として無制限に権力を与え、国民を「臣民」として、自由と権利を抑圧した大日本帝国憲法を美化。「我々臣民としては、国民主権
という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」して、日本国憲法を無効とし、大日本帝国憲法は現存するとの都議会決議を求めています。

また、東京維新の会は、都内在住外国人への生活保護支給の減額・廃止を求める陳情に賛成しましたが、反対多数で不採択となりました。

(『しんぶん赤旗』2012年10月5日)

こういう請願に賛成するのは、恐ろしくてしょうがない。東京維新の会なる会派は、日本維新の会とも連携しているという。請願への態度は、この勢力がどこを向いているのか示している事例ではないだろうか。