週刊朝日の記事、橋下の的外れの反撃

橋下・維新暴言

「週刊朝日」の記事で橋下徹大阪市長に関する連載記事が掲載された。1回目が発表されたところ、に橋下徹大阪市長が「部落差別」かのように噛み付き、やたらと激しい調子で非難した。問題の連載は中止されるという。

問題の「週刊朝日」は書店などでは売り切れ続出でなかなか手に入らなかった。図書館に行ってやっと読めた。しかし橋下氏が主張しているような中身とは大きく違う。

問題の記事では、維新の会のパーティーで下品で奇妙なことを話したという年配の参加者の話や、本人の生育歴と直接関係ないと思われる父親の生い立ちの話が出ていたのは事実である。

パーティー参加者の爺さんのくだらない与太話や、本人の政策面ではなく父親のプライバシーのようなことをを前面に出すのは、ほめられたものではなく、何を目的にしているのか品位を疑うことは指摘しておかなければならない。

ただ、同和地区差別のような内容は読み取れなかった。単に、橋下氏の父親が同和地区とされる地域出身と地名をあげて指摘しただけで、その地域や、地域に関係する不特定の住民・出身者を不当に貶めるような内容はなかった。

相手が言ってないことを言ったかのように勝手にふくらませて、自分で作った前提に沿って一方的に反撃するのは橋下氏の常套手段なんだね。

同和地区の地名に触れたことが差別と主張しているが、当該地域や住民を不当に貶める文脈ではないので主張は疑問。そもそも運動団体自身が同和地区の具体的な地域を公表している。

地名に触れるだけで差別になるという主張は、エセ同和行為と言われる手口の典型例である。自分で「ここが同和地区」と一方的に宣伝しながら、気に入らない相手がその話題に触れると「差別」と一方的に因縁をつけて執拗に吊るし上げ自分の言いなりにさせる手口そのものである。

記事の内容に具体的に反論するのならともかく、中身には一切触れずに感情的に執拗に罵倒して吊るし上げ、連載中止に追い込んでもなお執拗に糾弾し続ける橋下氏の手口は、エセ同和と全く同じである。

橋下氏はこの問題で「人権が侵害された」かのようにいいたて、自分を人権擁護の立場かのように主張している。しかし橋下氏がしてきたことは、人権侵害や差別的行為の積み重ねだったことを忘れてはいけない。市職員への思想調査・入れ墨調査などは不当な人権侵害行為である。

また西成特区構想も、実態はあいりん対策にも関わらず、あいりん問題をややこしくして不法行為・犯罪行為の温床ともなっている元凶である「あいりん支援者を装って利権を得ている勢力」への対策から目を背けて、あいりん地区を都合のいい時だけ「西成」と表現し、あいりん地区の悪いイメージの風評被害は西成区の他地域に押し付けて、西成区全体をまるでダメ人間や犯罪者が集まる街かのように不当に問題地域扱いし、「車から降りられない地域」と橋下自身が発言して自ら偏見を煽り、普通に生活している西成区民を不当に攻撃するような、地域差別と表現しても差し支えない内容になっている。

つまらない報道で足を引っ張られた形になって、橋下氏がこれまでおこなってきた人権侵害行為や差別的行為までぼかされることになってはならないだろう。

スポンサーリンク