維新、法定協議会だより発行を妨害

橋下・維新大阪都構想

大阪市解体構想、いわゆる大阪都構想の法定協議会の議事経過を広報する法定協議会だよりについて、2015年3月の発行直前に維新の会が難癖をつけて発行を妨害する事件が起きた。

法定協での各会派の発言を掲載したことに対して、維新の会が問題視し、維新側の委員だけで発行取りやめを決めたという。

そもそも大阪市解体構想自体が不要だが、大阪市の未来を決める重大な議題について、住民に議事経過を知らせないというのは、大阪市解体構想への賛否以前の問題で、極めて問題ではないか。住民が知ることができないところで勝手に決められるようなものでもないだろう。

また住民投票にかけると言いながら、判断材料を奪うような真似をするのだろうか。

この異常事態のもと、日本共産党大阪市会議員団がウェブサイト上で、あとは印刷に回すだけというところまで完成していた法定協議会だよりの版下を公開している。維新の会の発言については、発行に同意していないことに配慮して削除している。

法定協だよりの中身を読んで、しっかりと考えたい。

スポンサーリンク