2015年3月22日こはら孝志大阪市議街頭演説

ニュース2015大阪府議選・市議選, JCP

2015年3月22日、大正区・三軒家交差点での、日本共産党・こはら孝志大阪市議の街頭演説の内容です。

(演説要旨)

日本共産党大阪市会議員のこはら孝志です。4月のいっせい地方選挙、暴走する維新政治、そして大阪市の廃止分割ストップ、大正区民の皆さんの願いを必ず議会に届けます。こはら孝志、そして府議会では小谷みすず、どうかよろしくお願いします。

皆さん、今度の選挙では、私たちの街、大阪市大正区がつぶされてしまうかもしれない、暮らしのかかった大事な選挙です。「大阪市を壊す・分割すると大阪市は良くなる」――橋下市長はこういう風に言いますけれど、でも結局、二重行政の無駄はほとんどなかった、これがこの間の真相です。

皆さん、これまでの橋下市長の政治を見てください。敬老パスを継続すると言いながら有料化しました。新婚家賃補助制度も廃止、そして泉尾幼稚園を民間に売ってしまう。大阪市廃止を全体にした市民サービス切り捨てをみても、「大阪都構想」は私たちの暮らしを壊すものではないでしょうか。

権限・財源を大阪府が吸い上げる。橋下市長は大阪府・市の過去の無駄遣いを厳しく批判しています。でもみなさん、自ら一人の指揮官になって何をするのかといえば、カジノ誘致とそのための大型開発です。結局は大型開発を繰り返すだけの政治に、どこに新しさがあるでしょうか。

私たちの暮らしを守るために、4月のいっせい地方選挙、何としても勝たせてください。そして官邸筋と闇取引をおこなって戦争する国づくりに加担する、維新の会にも厳しい審判を下そうではありませんか。

私は大阪市をなくしてしまう、バラバラにすることには猛反対します。でも、今のままの大阪市でいいなんて、ひとつも思ってはいません。日本共産党はタブーなく市民の声を届けて、共同しながら政治を開拓してきた、ほんまもんの改革の政党でございます。皆さんの願いを大阪市に反映させる改革を必ず成し遂げます。

政治の中身を変える、日本共産党のこはら孝志、そして大阪府会は小谷みすず、皆さんの力で押し上げていただきたい。

私、この4年間、皆さんに議会に押し上げて頂いて、建設消防委員会に所属しておりました。そして公約に掲げた地震対策をすすめてきました。津波から命・財産を守らなければならない、そして4年間で80件の市民からの陳情を取り上げ、採択しなさいと大阪市会に紹介してきた議員でございます。

こういう一つ一つの願いを形づくる事こそ、本当の政治を変えていくことです。子どもたちの教育の充実、中学校給食の改善、ブラック企業をなくしていきます。安く利用できる介護施設を増やします。

こういった皆さんの願いをは必ず実現できるんです。財源はあります。大阪市の無駄遣いを改める。今でも大型開発は年30億のお金を使っています。

私、こはら孝志、憲法を守り、暮らしに活かす、本当の大阪へと改革していきます。平和を守る代表でもあります。なんとしても押し上げていただきたい。

スポンサーリンク