ダビデ像に下着を履かせろって・・・

 島根県の公園に設置されたダビデ像のレプリカに対して、一部の町民から苦情や困惑の声があがっていると報じられている。

 AFP通信のニュースより。

【2月7日 AFP】島根県の奥出雲町で、公園に昨年夏に突然設置されたイタリア・ルネサンス期の芸術家ミケランジェロ(Michelangelo)のダビデ像のレプリカが、住民を困惑させている。中には、裸像のダビデに下着をはかせるよう要求する声もあるという。

 高さ5メートルのダビデ像とギリシャの至宝「ミロのビーナス(Venus de Milo)」像のレプリカは、ある実業家の男性が故郷への恩返しとして奥出雲町に寄贈したもの。町では町内の運動公園と児童遊園地にそれぞれ像を設置した。

 ところが、AFPの取材に応じた町役場によると町民から「子供たちが巨大な像を怖がっている」といった苦情があったという。また、地域では珍しい裸像に対し、子供の教育に良くないと主張する人もいるという。

 読売新聞(Yomiuri Shimbun)の報道によれば、町民の多くはダビデ像の設置を歓迎しているものの、一部町民はダビデ像に下着をはかせるよう要求しているという。

 取材に応じた町役場の担当者は、このような像が町に設置されたのは初めてで住民が当惑しているのだろうと述べた。町では、像は学校の美術教育に役立つほ
か将来的には観光資源にもなり得るとして、時間とともに住民も像の価値を理解してくれるはずだと期待している。(c)AFP

 大人やある程度の年齢の子どもにとってはなんでもない銅像などでも、乳幼児が怖がることはあるだろう。それはある意味成長過程の仕方がない現象かもしれない。

 それはいいとして、裸像が教育上良くないとして下着を履かせるよう要求するとか、冗談記事なのかと思えはどうも本気での苦情らしい。これは困ったことだ。

 銅像や彫刻などに服を着せるなどの芸術・演出はいろいろな所でみられる。お地蔵さんに上着をかけられていたりするのもよくある。京都大学の折田先生像は、衣装や被り物を着せられたりなどのいたずらが相次ぎ、元の銅像が室内のガラスケースで展示されるようになると、受験シーズンに何者かの手によってパロディのオブジェクトが作られて展示されるのが、毎年の風物詩になっている。大阪の御堂筋の道路沿いの彫刻に何者かが服を着せていったいたずら(芸術?)が報じられたこともあった。

 ただそういう遊び心満載の行為と違い、裸像が教育上良くないから下着を履かせよと迫るのでは、彫刻の芸術的意義そのものを否定しているように感じてどうももやもやする。