石井みすず府議候補(共産・西淀川区)演説会動画

西淀川区の日本共産党府会候補、石井みすず候補の演説会動画(2015年4月7日)が、ネットにあがっていたので紹介します。

動画は約6分のダイジェスト版ですが、すごくわかりやすいものです。維新政治について厳しく批判し、西淀川区では定数1の府会で石井みすず、また市会(定数3)でも北山良三候補を勝たせてくださいと訴えていました。

(教育問題について語っている部分です)

 小学校の子どもたちの命が奪われた(2001年の大阪教育大学附属)池田小学校での惨劇を受けて大阪府が予算を出して、大阪府下の全学校に学校警備員を置いていたんです。にもかかわらず、当時の橋下知事が、子どもの命を守る仕事を投げ捨てて、小学校警備員の予算をゼロにしたのです。

 親が思うのは、子どもたちに豊かな教育をということです。賢くなれよということだけじゃないんです。友達と触れ合いながら、先生と目を合わせながら、学ぶ喜びをしっかりと実感できること。しかも学力の向上だけでなく、子どもの心に寄り添える、少人数学級が求められているんです。

 今日の演説会では後ろに花がありますが、これは共産党が用意したものではなく、今日この演説会会場となっている小学校の講堂で、子どもたちが入学式を迎えたのです。後ろの花はその飾りの花なんです(会場笑い)。

真新しい制服に身を包んだ1年生が、今日から友だち百人できるかな、給食みんなで食べれるかな、そうやって目を輝かせて、今日この場で、小学校1年生の子が誕生したんですよ。こんな子どもたちの命を守る警備員予算を見送っておいて、命を守る仕事を投げ出しているような、維新政治はこの選挙で退場してもらおうではありませんか。