住民投票:街頭宣伝に維新市議からの恫喝・妨害があったそうです

橋下・維新saveosaka517, 維新の言論弾圧

大阪市廃止・分割の是非を問う住民投票。宣伝活動は個人でも自由にできることになっていますが、維新の大阪市議が街頭宣伝中の有志に対してデタラメな難癖をつけて高圧的に恫喝したそうです。

5月12日、生野区・天王寺区・阿倍野区の3区の境界にあたる寺田町駅で「都構想」反対の宣伝を行っていた人たちが、近くで宣伝をしていた維新の宣伝隊に絡まれ、維新の木下誠大阪市議(生野区選出)と思われる人物から恫喝されたと訴えています。

kinoshita_makoto

被害にあった「SADL」さんのツイッターの連続ツイートから

今日は少人数でフライヤー配布。寺田町駅で100枚。受け取りはよく真剣に読んでおられました。途中近くでパンフ配布をしていた維新の会の人にデマ言うな!と言われましたが、この住民投票自体が税金の無駄遣いであること、維新の会の宣伝費用は私たちの税金でまかなわれていることを強調しました。
2015-05-12 22:15:47

5/12寺田町駅での出来事を報告します。台風の中4人でフライヤー配布中のこと。近くでビラをまいていた維新の木下誠市議らしき人物が、いつのまにかハンドマイクで話す私の隣りに立って、目線はそらしながらも「そんな訳ないやろ」みたいなことをずっと言ってきて妨害されました。(続く)
2015-05-12 23:43:50

②「今ちょっと妨害されているのでやめます」とマイクで告げてやめると、彼はこっちを向いて「気にせんと続けたらええがな!」と挑発してきました。一瞬くじけそうになりましたが、「負けたらあかん」と意を決して、もう一度ハンドマイクで訴えました。
2015-05-12 23:45:39

③「維新は70%以上を私たちの税金である政党助成金で賄っています。CMや電話、宣伝カーなど4~5億円ばんばん使って、それなのに都構想の財政効果はたった1億円です。住民投票で何億円も使うなら、市民生活に使ってほしい。この税金こそムダ使いです」的なことを話しました。
2015-05-12 23:46:42

④すると彼は「自民党も共産党も(政党助成金)もらってるやろが!」「ウソばっか言うな!」とまた妨害。今度はSADLフライヤーを見ながら「お前らどこの団体や」「ウソばっか書きやがって」と言って、私に目線を移して「政治活動やってるんやから届出してるんやろな!」とまた凄んできました
2015-05-12 23:48:19

⑤私が「いや届出なんていらないですよ…」「自由な市民の活動です」と言うと、彼は「届出いるやろが!」と言いながら、誰かに電話をかけて報告していました。しばらく近くをたむろした後、維新の宣伝カーに乗って帰って行きました。彼が立ち去るまで、怖くなってハンドマイクできなくなりました。
2015-05-12 23:49:20

その時は怖くてお腹が痛くなりましたし、今も思い出しただけで動悸が激しくなります。恐怖で脅して市民を委縮させて、自由な活動を侵害する維新には憤りを感じます。こんな集団に大阪の未来をメチャクチャにされるなんて絶対に許せない、大阪市解体は絶対に阻止しないといけないと思いました。(a)
2015-05-12 23:53:25

その場の光景を想像しただけで恐ろしくなります。

ハンドマイクの隣に立って凄むように野次を飛ばす、「政治活動には届け出が必要」などデタラメを言い立てて萎縮させようとする、嘘だ嘘だと言いながら「維新が政党助成金を原資に賛成活動をしている」の事実を否定できないどころか「共産党が政党助成金をもらっている」「政治活動に届け出」など自分がしっかりとウソを付いている――まるでチンピラです。

代表の橋下自身もチンピラ同然の行為を繰り返しています。だからチンピラのような者が集まってくるのでしょうか。

大阪市廃止・解体の問題もそうですが、同時に意に沿わない相手には暴力的行為や恫喝も意に介さない集団を許すのかという民主主義の問題も問われているのですね。

スポンサーリンク