維新の下品さ・乱暴さが際立っています

橋下・維新暴言

 2013年9月29日投開票の堺市長選挙。20時の時点で現職・竹山修身市長に当確が出ました。

 維新の連中は選挙戦の中で、基本的なルールすら無視して、罵詈雑言吐きたい放題・選挙妨害まがいの行為までしてヒートアップしていたようです。

 投票日前日の9月28日夜の、橋下の最終演説がひどい。

 橋下の暴言を文字起こししてみた。

「コラ共産党、ちょっと出てこい!自民党・民主党・社民党、なんですかあの辻元なんとかいうおばさんは!…えぇっ!?自民党・民主党・共産党・社民党、ちょっと俺の前に出てこい!お前らふざけんじゃないぞと。あいつらはほんとね、影でホント人の悪口ばっかり言いやがって。俺の前に出てきて討論しろってんですよ。全然出てこない。そして見てくださいよ。共産党のあのねぇ、あの変な集団が、人の悪口、僕の悪口を言いふらして、ホントにあんなことで楽しいのかね、あの人生は!」

(中略)

「それをねえ、堺をなくすとか税金吸い上げるとか、借金を負わせるとか。コラ共産党!ちょっと出てこい!自民党・民主党・社民党、なんですかあの辻元なんとかいうおばさんは!…えぇっ!?まあ僕もおんなじ土俵で悪口言いたかないけど、大風呂敷を広げる橋下はどうのこうの?ならいいですけどね、僕は秘書給与疑惑なんかで捕まりはしませんよ!」

 チンピラと言うか、大阪弁でいうところのヤカラ(大阪弁では「ガラが悪いヤツ。理不尽な嫌がらせをするなどたちが悪い奴」の意味で使われることも)がけんかを売って絡んでいるようにしか見えない。しかしこれが、政党の党首で市長でもある立場の政治家の街頭演説という現実。

 「出てこい」は大阪都構想の討論を指していると思われるが、現職竹山陣営が討論する相手は橋下ではなく維新候補であるはず。しかし竹山陣営が維新陣営に討論を申し入れても拒否したというのが経過である。

 秘書給与疑惑うんぬんは、2004年の辻元清美事件のことを指していると思われる。辻元氏のことはともかく、橋下の市長としての特別秘書が、橋下の有力後援者の息子のコネ採用で、しかも市政に従事しているわけではなく、実質的には維新代表の秘書として維新の政治活動をしていると指摘されている。

 また「相手陣営が違法ビラをまいている。ビラは2種類しかまけない」という嘘も。選挙運動用の法定ビラには一定の制限はあるが、政治団体の政治運動用ビラは候補者の名前や写真などをのせなければ何種類でもまける。選管も「違法ではない」と判断している。

 橋下の下品な演説の他にも、維新の運動員が、相手陣営に難癖をつけて選挙妨害や妨害まがいの行動をとっていたという目撃情報や被害情報も、ブログやツイッター上では多数確認できた。

堺市長選挙@維新の議員に絡まれた( ̄O ̄;)(http://ameblo.jp/town-watch/entry-11623904008.html)

 堺東駅での最終街宣、
ウロウロしていたら、
維新の議員に絡まれた。

お前…
なにしてんねん、(♯`∧´)

お前…って言われた。
ムカついた。

お前、共産か…
みたいな言い方された…。

確実に喧嘩売って来た。
掴みかかろうとする勢い…。

維新の議員か?
どこの町からきた?
さっと引いた…

近くにいた、永藤議員に声かけた。
維新は、こんなことしてるんか?
市民に喧嘩売るんか?
と抗議。

ちなみに、、鳳では、市民団体の人が維新に殴られたらしい。大変なことになったらしい。

 また、維新は選挙違反で警告を受けていた様子。

 こういう汚い手を使いまくった維新を跳ね返したことは、率直に嬉しい。

スポンサーリンク