大阪維新の会3大阪市議の酒席での破廉恥行為

橋下・維新

大阪維新の会の井戸正利(都島区選出)、本田リエ(城東区選出)、田辺信広(東住吉区選出)の3大阪市議が、維新の会の同僚市議が集まった酒席で破廉恥行為をおこなった写真が週刊誌に掲載され、一般マスコミでも報道されている。

約2年前の写真だという。井戸市議が本田市議の胸を背後からもむ、本田市議が田辺市議の膝の上に座る、田辺市議が本田市議の足の匂いをかぐなどの写真がある。

2015年6月4日発売の週刊誌で報じられ、井戸市議は「私は医師なので触診をしただけ」と言い訳しているという。

教育こども常任委員会の委員長でもある井戸市議は、同日午後に開かれた改選後初でもある教育こども常任委員会を「体調不良」として欠席した。

本田市議はマスコミのインタビューに応じたが「誰があんな写真を出した」など本質とは関係ない話を持ちだして逆ギレしていた。

田辺市議はマスコミから動向は伝わってこない。

井戸市議といえば数々の問題行動を起こしてきた人物である。書類整理の際に、陳情をばかにするようなコメントをつけながら陳情書をゴミ箱に捨てる写真をブログにアップした事件を起こした。また、自宅前で大阪市のゴミ収集車同士の交通事故があったとして、乗務員を気遣うような素振りは見せずに「高い車が2台壊れました」「労災になるのでたいへんです、とにかく人件費が一番高いです」などと、まるで税金を無駄に使ってとでも言いたげなふざけたコメントをブログに書いていた。

また本田市議も、5月の住民投票に際して、「反対派のみなさん、嘘はつきつくしましたか」などと馬鹿にするコメントをツイッターで残している。

田辺市議は話題になるような言動はこれが初めてのようだが、今回の事件の経過そのものが、維新の会の体質を示しているのではないか。

3市議とも、早期辞職を求めるものである。6月12日までに辞職すれば、4月の選挙での次点候補者が繰り上げ当選になり、補選の必要がないのでちょうどいい。

スポンサーリンク