あいさつで難癖をつけるとは

ニュース

 栃木県足利市の小学校で2015年6月、女性補助職員が児童に対して「あいさつをしなかった」と難癖をつけて脇腹を足蹴りする事件があったとか。

読売新聞
あいさつしないと腹立て小2の腹蹴る…女子職員
2015年07月11日 07時41分

 栃木県の足利市教育委員会は10日、市立小学校で女性指導補助職員(40)が、2年生の女子児童(7)の腹を蹴る体罰があったと発表した。

 女性職員は、学校に退職願を提出し、6月30日付で受理された。

 市教委によると、女性職員は2003年から市内の中学校や小学校と契約。授業で担任を補佐するため、児童生徒を指導していた。

 この小学校には今年度から赴任。6月23日午後、下校しようとしていた女児が自分にあいさつをしなかったとして腹を立て、同校の「教育相談室」に女児を呼び入れた。女性職員は、女児に反省の色が見えないと感じ、女児の右脇腹付近をひざで2回蹴ったという。

 他人のあいさつがどうのこうのに難癖をつける人間や、あいさつやマナーにこだわると自称している人間ほど、自分自身はろくすっぽ挨拶もできない、態度は人一倍横柄、そういう人物が難癖をつけた相手のほうが礼儀正しいというのが、個人的な経験則ではある。

 しかもそういう輩ほど、あいさつやマナーをマウンティング行為のように振りかざし、気に入らない相手に対して、相手を貶める手段として「難癖をつけるネタに困ると、主観的にどうとでも難癖をつけられるならとりあえず」とばかりに攻撃する事例が多いようにも感じる。

 この事件もそういうたぐいなのだろうか。

スポンサーリンク