戦争法案、衆院委員会強行採決

戦争法案(安保法案)が、7月15日の衆議院特別委員会で強行採決された。

ネットで中継を見ていたが、とても正常とは言えるような状態ではない。赤嶺政賢議員(日本共産党)が「審議に必要な資料が出されてない。出すべき」と求めているにもかかわらず、浜田靖一委員長は「理事会で協議する」とだけ述べ、それを反故にして採決したという、とんでもないものだった。

強行採決を受け、各地で抗議行動がおこなわれた。国会前では6万人ともいわれる人が集まった。また札幌でも1000人、大阪でも2700人、大阪・河内長野でも100人など、各地域でも多くの反対の声が集まった。

7月15日夕方、大阪梅田ヨドバシカメラ前、SEALDs Kansai  の宣伝。高校生や学生風の若い人も含め、足を止める人で膨れ上がり、思想家の内田樹先生もスピーチした。

梅田 2015年7月15日

うちの子戦争にやらさへんで

we want democracy

強行採決抗議