関東地方各地で大雨・洪水被害

ニュース

台風18号から変わった低気圧に伴う大雨の影響で、9月10日に茨城県常総市の鬼怒川が決壊し、相当広い範囲で浸水し、取り残された人が多数いると報告されている。

10日夜時点で200人近くが救出されたものの、約200人が住宅など建物内に取り残され、また避難所に避難した住民約1000人以上が避難所ごと孤立状態になっているという。家や車ごと流された人もいるという目撃情報もあり、行方不明者は少なくとも9人と集計されている。

このほか、栃木県や埼玉県など複数の場所でも浸水や川の氾濫などの被害が報告されている。

被害にあった方にお見舞い申し上げる。広域的な大災害であり、国レベルでの迅速な対応が求められているのではないか。政局は安保法制で緊迫しているが、安保法制よりもまずは国民の命と生活が優先ではないか。

 

スポンサーリンク