戦争法案:9月16日中に委員会開けず

安保法制(戦争法案)について、16日午後の地方公聴会のあと、18時から特別委員会を開き、2時間程度の審議の後に20時前後の強行採決を目指していた政府与党。

しかし国会内での動き、また国会前での抗議行動をはじめ全国各地での世論を背景にしてか、当初の想定通りにいかず、結局16日中には委員会を開けなかった。

一方で日付が変わってすぐの17日0時10分から委員長職権で委員会をセットしたものの、予定の時刻から20分たった0時半の時点では会議を開催できるめどが立っていない。

また参議院本会議が10時から、衆議院本会議が13時からそれぞれ委員長職権で設定され、強行採決の体制を取ろうとしている。

国会前の抗議行動では、夜中になっても抗議行動が止んでいない。16日の国会前には少なくとも3万5000人が集まったという。

複数の国会議員によると、国会議事堂の委員会室にも「安倍はやめろ」「戦争法案反対」などの抗議の声が聞こえているという。

国民世論が追い詰めている状況である。

abe_seiji_yurusanai