西成区市議補選、2人の「維新」候補が出た理由は?

橋下・維新2015西成区市議補選

11月22日投開票の大阪市議選西成区選挙区補選。定数1にもかかわらず、「維新」を名乗る候補が2候補出て、「大阪維新」の側は「自分たちが維新の唯一の候補」を強調し、「他党が妨害工作として、別の維新を名乗る候補を出した」というデマを流す維新支持者もいます。

「西成大阪維新の会」・山本かずお候補の街頭演説に遭遇。候補は「自分は橋下徹氏に心酔している。路線を継承する。知事・市長には大阪維新公認の候補を、そして補欠選挙には自分を。自分こそが正当な大阪維新の会の路線だが、大阪維新は議員になりたいというだけの者が増えて維新スピリッツがなくなっている。だから自分が立候補した」というようなことを述べていました。

こちらのページには、個人ブロガーの方が事務所にインタビューをしたとする記事が掲載されています。演説の趣旨も、こちらのインタビューと大筋で同じでした。

いやまあ、大阪維新の側が言い立てるような「他党の謀略」ではなく、維新の内部分裂をほのめかすような内容と受け取ってよいのでしょうか。

一方で「大阪維新」の岡田やすとも候補。街宣では政策などをほとんど言わず、「岡田が大阪維新の唯一の候補」とばかり強調している様子。

候補本人の自転車宣伝とすれ違いました。本人が自転車に乗っているにもかかわらず本人はマイクでしゃべらず、橋下徹の音声テープをエンドレスで流していました。「橋下徹です。大阪維新の会の唯一の候補・岡田やすともをよろしくお願いします」が繰り返し流れていました。

スポンサーリンク