維新が「選挙違反」で他団体関係者を告発したとか

IWJさんから「2015/11/13 【大阪】 大阪府全域で組織的な選挙違反⁉︎ 大阪維新の会がダブル選挙中に告発状を提出〜維新・元グラドル市議にも選挙違反の疑い⁉︎ IWJが逆質問」というネット記事が出ています。

維新の側が、非維新系団体の活動に難癖をつけ「選挙違反」だとして刑事告発したという記者会見の様子です。映像に加えて、概要も文字になっています。

読んでみましたが、「維新の側が嫌がらせで、告発を悪用している。それこそ妨害行為ではないか」と疑うべきものでした。

映像を見ると、維新の今井豊幹事長(大阪府議)のほか、維新側の弁護士が同席していましたが、その弁護士、坂井良和氏(前大阪市議・4月の選挙には不出馬)と置田浩之氏(前大阪府議・4月の選挙で落選)でした。完全に維新の内部の人です。

彼らは、城東区での「明るい会」の活動を撮影し、目撃証言や動画・ビラを証拠とし、関係者を氏名不詳で告発したとのこと。しかし告発は、記者会見の時点では受理されていないということです。

一方で記者が、維新の佐々木りえ市議が事前文書配布の公選法違反容疑で告発されたことについて質問すると、「この市議は暴力事件の被害者でもある。維新側に対する選挙妨害が多発し、告発も妨害の一環と認識」と発言しています。

自分たちは「妨害の一環」と疑われる形で告発を悪用する一方で、自分たちにとって不都合なことは「相手側からの妨害の一環」ですか。都合が良すぎますねえ。

また維新関係者からの選挙妨害と疑われる行為も、日に日に激しさを増しています。

「明るい会」などの宣伝に対して、通行人を装った何者かが一方的に違法と難癖をつけての罵倒や隠し撮り、不当に警察を呼ぶなどしての妨害なども、府内あちこちで繰り返されているということです。

また西成区市議補選で「西成大阪維新の会」を名乗る候補が出たことについて、「他党が大阪維新の候補者の票を割る妨害のために候補者を擁立した」というデマが維新支持者の間から出て、城東区選出の還流市議や住吉区選出のレクサス市議など一部議員もそれに加勢する形で、虚偽内容流布に当たりそうな危ない発言をおこなっています。名指しされた他党の関係者、および「西成維新」の候補者ともに、維新側の言い分はデマだとしています。

そういえば5月の住民投票の時には、維新側が「反対派が妨害電話をかけた」という謎のデマを撒き散らしていました。告発したと聞きましたがその後だんまりのようです。