12月10日・日本共産党街頭演説@近鉄八尾

ニュースJCP

12月10日、近鉄八尾駅前でおこなわれた日本共産党街頭演説会。

野沢みちあき・衆議院大阪14区候補と、宮本たけし・比例近畿ブロック候補が訴えていました。

野沢みちあき選挙区候補と、宮本たけし比例候補の演説が、ネットにあがっていました。

野沢候補は、消費税増税は景気を壊すことなどについて訴え、「増税中止の一票を日本共産党と野沢みちあきに託してください」など訴えました。

宮本比例候補は、大阪14区で立候補している他の候補は次々と政党を変えてきたことに触れ、まっすぐと貫く日本共産党へと訴えました。

経済の問題では、安倍政権は株価だけを見ていることを触れ、株でごく一部の金持ちが儲かっても庶民生活は向上しない、「大金持ちが1日100回ごはんを食べるわけでもない、100回風呂に入るわけでもない」とユーモアも交えながら、賃金を上げることが景気回復の道だと訴えました。

また来年から自衛隊に入隊することが決まっている高校生2人と対話し、「お父さんお母さんはめちゃくちゃ心配してるやろ」と聞いたら「はい」と答えたということに触れ、日本共産党は日本国憲法に基づく平和の外交で、戦争の危機を起こさないようにして、自衛隊員の命を守ると訴えました。
2014年12月10日 宮本岳志街頭演説@近鉄八尾

2014年12月10日 宮本岳志街頭演説@近鉄八尾

また応援弁士の小松ひさし前府議は、大阪教育大学附属池田小学校の事件をきっかけに大阪府で導入された学校安全警備員の制度を、維新府政が廃止したことなど、維新が教育や文化を破壊してきたことを訴えていました。

演説会終了後、聴衆や通行人に握手をして回る宮本たけし候補。画像は一部処理してあります。

徴収と握手して回る宮本岳志候補

スポンサーリンク