2015年大阪W選挙についての私的考察

2015年大阪W選挙の結果について。各方面からの分析が出ています。このとおりだ、またこれは違うのではないかと思うのなど、いろいろな角度から分析されています。

まず言えることは、非維新陣営が初動に遅れがあり、それを橋下・維新側につかれるような形にもなりました。しかし非維新の側は、あくまでもその時の情勢ではそれぞれがベストと判断してやったことであり、今の時点で振り返って見れば不十分な点があっても、これからの活動に活かすような前向きな方向で検証されるべきです。

批判はあくまでも、これまでの「オール大阪」のつながりを否定せずに大きな財産として、不十分だった点を明らかにしてこれからに活かすという観点ですべきです。

「特定の個人・団体が悪い。排除しろ」というような物言いをしている反維新の人もたまに見かけます。分断と対立を煽る維新の作戦に乗ることで、誰が喜ぶのでしょうか。

特定の人物や集団に責任をなすりつけるような物言いで上から目線で叩いたり、攻撃・排除するのは、自分たちの陣営の力をそぐことにつながります。これは「対立から協調へ」「ひとりにさせへん」「つながる」などをキーワードに掲げた候補者の活動をも否定するのではないでしょうか。また、意に沿わない人間への恫喝や排除で恐怖支配を図るような維新と同じことをしているのではないのでしょうか。

候補者が自民党議員出身なのに、共産党が「野合」したことで自民党支持層の票が離れたというのは、だからといって共産党が悪い・排除しろとなるのは違うのではないかと思います。仮に栗原貴子さん・柳本顕さんではなく、平松系・共産系など別系列の反維新の人が事実上の統一候補扱いで出馬していたとしても、多かれ少なかれ同じような問題が起きていたでしょう。

一方で、維新の側は選挙準備を着実に進め、「ふわっとした民意」と言われた票はもはや組織票になっています。

維新の側は序盤から街頭の運動員の数では圧倒し、こちら側の陣営が街頭で目立つようになったのは最終盤だったこと。自民党と共産党の野合という嘘の構図を打ち破る取り組みが弱く、対応がブレ気味だったこと。維新の側が次から次へと大量に繰り出すデマへの反撃体制が弱かったこと。維新の常軌を逸した悪政に待ったをかける超党派市民の候補としてのアピールが最終盤になってしまったこと。などの出遅れが一因ではと考えられます。

また、組織内部の話に外部から首を突っ込むのはお門違いなので控えますが、各政党の組織内部の動きについても自主的に検証されたいと願います。

選挙に負けたから終わりではありません。維新は、5月の住民投票で否決されたはずの大阪市廃止解体、いわゆる「大阪都構想」を、区割りなどの微修正だけで再びもちだすことも報じられています。また、幼稚園統廃合・住吉市民病院・大学統廃合・高校入試改革問題・府立高校統廃合など、個別の課題が消えたわけではないので、それらに対する住民運動や議会での取り組みも引き続き進めていく必要があります。

議会でも、市民運動でも、維新の暴走を少しでも食い止め、世論を広げて「つながる」取り組みが必須です。「つながる」とりくみを積み重ねることが4年後の選挙でのリベンジの力にもなりますし、いや運動の取り組み次第ではもっと早くその機会が来るかもしれません。