「大阪都構想」再びか

報道によると、大阪W選挙を受けて、松井一郎大阪府知事が大阪市廃止・分割構想、いわゆる「大阪都構想」に再び取り組む意向を示したということです。

府市統合本部や大都市局の復活を検討しているといいます。

「都構想」は2015年5月17日の住民投票できっぱりと否定され、推進していた側自らが葬り去ると宣言していたものです。

大阪市を廃止することで財政が立ちゆかなくなる、地域のアイデンティティにもかかわる、しかも維新が大阪市や市内の各地域をヘイトして分断するような言動を取りました。

――そんな状況から「大阪市なくすな」「We say no!」と、政党や団体などの枠を超えて反対の声が巻き起こりました。また政党や団体などの動きとは別に、一個人が、手書きのビラをコピーして配布したり、自宅のパソコンで作ったような手書きポスターを掲示したりなどの動きもあちこちで生まれました。

5.17 ポスター・ビラ類

そして2015年5月17日、私たちの街・大阪市は守られました。

しかし維新は懲りずに、再び魔の手をのばそうとしたかたちになります。5.17の民意は無視されたのでしょうか。

生まれ育った街、縁あって住んでいて愛着を持っている街に対して、私怨で勝手に目の敵にしてつぶすという集団が一定の勢力を占め、暴力的に攻撃されるということ、大阪市では実際に起きました。

住民投票時の大阪市、わが街を潰そうというカルト的な集団が全国動員をかけて全国から集結し、オレンジ色のトレーナーに身を包み、悪口や誹謗中傷をハンドマイクやらビラなどで繰り返す。しかも賛成派は暴力的な嫌がらせもしょっちゅう、あちこちで罵声も飛んでいました。街の雰囲気は本当に苦しいものでした。

このようなことは再び起こしてはいけませんし、他の地域でも同じようなことを起こさせてはいけません。