阪神・淡路大震災から20年

ニュース

 1995年1月17日午前5時46分、兵庫県明石海峡付近を震源とし、神戸・阪神間・明石・淡路島など兵庫県南部を中心に甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)。

 あの大震災から20年になります。

 決して忘れられない、忘れてはいけない、重い記憶です。震災から20年、町並みのハード面は復興した所も多いとはいえども、まだ震災に伴う課題が残っています。

 例えば震災で住居を失った人が入居した復興住宅、借り上げ期間は20年となっていて、退去の問題が浮上しています。すぐに退去できる人はともかく、高齢化や入居に伴ってできた新しいコミュニティの問題もあり、容易に退去できないという人も多く、深刻な問題となっています。

 震災の記憶・記録を次の世代に伝えるとともに、未だに残る課題も一つ一つ解決していかなければなりません。

スポンサーリンク