おおさか維新憲法改正案、「教育無償化」は独裁体制構築ごまかしのワナです

橋下・維新維新のデマ

おおさか維新の会が憲法改正案をまとめたと報じられている。報道などでは、「大学までの教育無償化」を全面に打ち出しての扱いとなっている。

しかし、これはお維の罠であると言ってもよい。

まず大学までの教育無償化については、現行憲法のもとでも、憲法第26条「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する」に基づき、立法措置として対応が可能である。

現に、高校授業料無償化政策についても、政府の立法として対応したものである。その他、大学の学費値下げ・無償化や奨学金問題についても、立法措置として国会が動けば対応可能となっているものである。

「教育無償化」のために、わざわざ憲法を改正する理由はない。

お維が狙う憲法改正の本丸は「統治機構」である。

これまで大阪でやってきたように、一人の指揮官に権力を集中させるための改正を狙っている。そのことをごまかし、ポピュリズム的に支持を得るために、「教育無償化」を混ぜ込んでいる形になっている。

スポンサーリンク