足立康史が「アホは敬称」と言い訳

産経新聞の報道によると、国会で度々「アホ」などと罵倒発言を繰り返していたおおさか維新の会衆議院議員・足立康史が、5月15日に「関西ではアホは敬称だ。関西で最も尊敬されている方の一人に『アホの坂田』さんがいる。だからアホは敬称だ」などと訳の分からない言い訳をしたらしい。

通常の日本語でも関西弁でも、そんな用法はない。下品な連中の世界のことは知らないが、普通は罵倒以外の何物でもない。

坂田利夫師匠については、あくまでも舞台上の芸としての「アホの坂田」というキャラである。舞台以外で坂田師匠を「アホ」呼ばわりしたり「アホ」と呼びかけるなどありえないことだし、ご本人も舞台以外で「アホ」と呼ばれるのは嫌がっているらしいという話も伝え聞く。

足立の言明に沿うなら、足立が街頭演説をしているところに通りかかった人は、遠慮なく「アホ」と声をかけてやってください(笑)。