吉村洋文大阪市長:市長会議よりも維新の党務優先

橋下・維新

5月30日~31日に名古屋市で政令指定都市市長会議があったとな。

しかし吉村洋文大阪市長だけは欠席。副市長が代理出席していた。

政令指定都市市長会議
政令指定都市市長会議開催のお知らせ(http://www.siteitosi.jp/conference/honbun/h28_05_23_01.html

市長会議当日の吉村洋文大阪市長の日程は、30日は「公務日程なし」。31日は庁舎で打ち合わせなど。

吉村氏、30日は何をやってたのか。

琉球新報2016年5月31日『松井代表が下地島での米軍訓練提案 おおさか維新の会

【宮古島】米軍普天間飛行場の一部訓練を宮古島市の下地島空港に移転する案を提唱するおおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)ら党幹部が30日、同空港を視察した。

(中略)

視察には党法律政策顧問の橋下徹前代表、下地幹郎政調会長、吉村洋文大阪市長らも参加した。

ふーん。

橋下と同じく、市長としての職務よりも、政党幹部(=大阪維新の会政調会長)としての活動を優先したわけね。

橋下よりはソフトイメージに見せかけても、しょせんは維新。首長としての公務よりも維新の政党活動優先に変わりない。

まあ「大阪都構想」とか変なことを言って、政令指定都市・大阪市を破壊するために市長になっているのだから、政令指定都市という存在自体が目障りなんだろうけど。

あと、政界から引退したかのように振舞っている橋下も、しっかりと維新の幹部扱いで活動しているわけですな。

スポンサーリンク