大門みきし演説:「今の不況はアベノミクス不況」と訴える

 しんぶん赤旗2016年6月29日付より。

 日本共産党の大門実紀史参議院議員・比例候補者が、今の不況はアベノミクス不況、アベノミクスはバブルだと訴えています。その上で、日本共産党としての経済政策を訴えています。

 記事は、6月26日の大阪府八尾市での街頭演説より、当該部分を赤旗がまとめたものだそうです。
しんぶん赤旗2016年6月29日

しんぶん赤旗 2016年6月29日

マネーゲーム頼りの経済もうやめよう 大門みきし比例候補(参院議員)

 イギリスのEU(欧州連合)離脱とアペノミクスの関係について、日本共産党の大門みきし参院議員(比例候補)が行っている演説が「分かりやすい」「アベノミクスが何なのか分かった」など有権者の反響を呼んでいます。

 いまの不況はアペノミクス不況です。アベノミクスがつくりだした金融バブルが崩壊し始めました。

 イギリスがEU(欧州連合)から脱退をする。これをきっかけに円高・株安に変わってきました。日本に呼び込んだお金が逃げていっている。アベノミクスがバブルだったということの証拠ではないでしょうか。

 どうしてこうなったか。イギリスがEUを脱退するとヨーロッパ経済が不安定になって、EUの通貨であるユーロの信用が薄れ、急速に円が買われ、円高になる。円高になると、日本の大企業の利益が減る。そうすると株が下がるだろうと思った人たちがいっせいに株を売り始めた。マネーの逆流が起きている。アペノミクスというのはバブルの仮想の経済だったわけです。

 今大事なことがあります。一つはリーマンショックの時のように、派遣切りなどリストラをやらせてはならない。大企業は内部留保をいっぱい持っています。労働者にしわ寄せをするなという声を大きくしなければならない。

 もう一つは、マネーゲームに頼った経済はもうやめにしようということです。もうかるのは大企業や大金持ちだけです。実体経済を良くしましょう。普通に働いて、物をつくって物を売って、会社の利益が上がり給料が上がる。実体経済そのものを良くしなければ日本の経済を立て直すことができません。

 そのために日本共産党は経済の改革を訴えています。税金の取り方を変える。大企業や大金持ちはもうかっているのですから負担をしてもらう。税制の改革をすすめて20兆円の財源を生む。税金の使い道を変えて社会保障に重点的に充てる。安倍内閣4年間で1兆3200億円、社会保障の自然増が削られました。こういうことを続けると、将来不安でお金を使わなくなる。経済の6割を占める家計消費がどんどん冷え込んでいきます。社会保障にお金を使うことによって、将来不安を取り除き、お金を使えるようにして景気を良くする。企業の売り上げも伸びて利益も上がる。そういう好循環をつくろうというのが、日本共産党の提案です。こういう方向に切り替えていこうではございませんか。

(26日、大阪府八尾市で)