おおさか維新「身を切る改革」の実態は「私腹を肥やす」

 しんぶん赤旗2016年6月30日付。おおさか維新の会の「身を切る改革」の嘘がまとめられています。

しんぶん赤旗2016年6月30日

 架空チラシ不正支出小林よしか、レクサス伊藤良夏、この他にも高級応接セット・ダイソンの掃除機・架空のウェブサイト管理費として親族に横流し・事務所家賃名目で家主に支払ったぶんの一部を家主から政治献金として受け取る還流など、維新が政務活動費を不正支出して私腹を肥やしていた例は枚挙に暇がありません。

 そのくせ、「身を切る改革」だの言ったり、クリーンイメージを刷り込もうという恥知らず。おおさか維新の会の卑劣な実態を、事実にもとづいて知ってください。

おおさか維新「身を切る」というが…議員の不正支出が続々

 「身を切る改革」を参院選の公約の1番目に掲げる、おおさか維新の会。一方で、母体となる地域政党・大阪維新の会の議員による政務活動費の不正支出は後を絶ちません。

 たとえば、堺市の小林由佳市議は、印刷や配布の実態がない政策ビラの代金などに計約1040万円を支出。返還をめぐって訴訟にまで発展しています。

 北野礼一元堺市議は、ゴルフコンペの景品購入代などに約1050万円を支出し、辞任に追い込まれました。

 大阪市の伊藤良夏市議は、トヨタの高級車「レクサス」の購入費の一部に政務活動費を充てていました。

 言行が一致しないのは、政務活動費の問題だけではありません。

 兵庫県議会で維新は、一昨年末に期末手当(ボーナス)を引き上げる議案に賛成しました。神戸市議会でも同年、議案の共同提案者となってまでボーナスを引き上げました。

 「退職金をゼロにした」と訴える松井一郎代表(大阪府知事)も、実際には廃止分を毎月の給与に上乗せし、総額で348万円も給与を増額させただけです。

 政党助成金についても、「必要経費」と言って手放しません。

 選挙のたびに「身を切る」と叫んで政治家としての「身分」を守り、公約をほごにして税金で身を肥やす。これが、おおさか維新の会が唱える「身を切る改革」の実態です。

        (笹)