わさびたっぷり寿司、外国人への差別・嫌がらせか

ニュース

大阪の寿司店「市場ずし」が、日本語の分からない外国人観光客に対して故意にわさびを多く入れたり、わさびでむせる外国人客をあざ笑ったり日本語で民族差別的な悪罵を投げつけるなどの疑惑が指摘され、インターネットで拡散されています。

店側はウェブサイト上で、わさびを多く入れたことについては「外国の方からわさびを多くしてほしいという要望が多いので、サービスの一環としておこなった」と釈明しています。民族差別的な発言については確認できなかったといています。

市場ずし

これ、謝罪なんでしょうか。居直っているとしか思えません。

ネットでアップされている寿司の写真をみても、あまりにもわさびの量が多すぎる。素人目に見てもこれはみただけで多すぎと感じるのに、寿司職人ならここまで大量のわさびはやばいと気づくはずです。食べ物で遊んでいるのかと疑われるレベルです。

わさび自体、嫌がらせでやっているとしか思えない状況です。民族差別的な発言については「確認できなかった」としているものの、かなり詳細な被害証言もあるとのこと。

こんなものは、国際都市・大阪の恥であり、また日本の恥です。外国人に対する侮辱行為なのはもちろん、同時に大阪や日本の品位・そして日本文化をも貶めかねない行為です。

スポンサーリンク