南海電鉄の車掌が不適切アナウンス?

ニュース

ツイッターであるツイートが流れた。

南海電車の空港急行の車掌が、外国人差別とも取れる不適切なアナウンスをしたとのこと。

【イメージ画像】南海電鉄 空港急行(1000系)
【イメージ画像】南海電鉄 空港急行(1000系)

「外国人観光客の荷物を「邪魔だ!」と蹴った人を見かけ、なんとかしなきゃと思ってのアナウンスだった」から「日本人の乗客の皆様にお詫び申し上げます」「本日は多数の外人の(外国人じゃなくガイジンって言った)お客様にお乗りいただいており、大変ご迷惑をおかけしております」というアナウンスになったと主張しているという流れ。

好意的に解釈すれば「想定外の場面を目撃して焦って慌てすぎて、結果的におかしなことを言ってしまった」とも言えるかもしれないが、中身が中身だけにそんな単純な話ではなく、これでは被害者と加害者との関係が正反対になってしまっている。

外国人観光客のものであろうと他の誰かのものであろうと、他人の荷物を邪魔として蹴飛ばすような感性・品性の輩が一方的に悪いことは、言うまでもない。

何とかしなければと、そこで「日本人乗客にお詫び」とか「外人のお客様にお乗りいただいており迷惑をかけている」では、外国人が乗車していることで日本人が迷惑しているという外国人差別と受け止められかねない内容となっている。

荷物を蹴った迷惑客個人の話ではなく、外国人と日本人という属性の問題にすり替えられた上、加害者と被害者まで入れ替わっているという、とんでもない話ではないか。

こういうことが二度とないように願うものである。

スポンサーリンク