機動隊員の暴言かばい立てる松井大阪府知事の誤り

橋下・維新

大阪府警の機動隊員が、沖縄県のヘリパッド移設問題の応援警備で現地に派遣されていた際に市民に対して「土人」「シナ人」と暴言を吐いた問題。

これに関連して、松井一郎大阪府知事が機動隊の発言を不問にして、「ご苦労様」などとねぎらう発言をツイッターに書き込んだことが問題になっている。松井はこのことについて、「たちが悪い抗議運動があるから、現地でつい出てしまったのだろう」などとして取り消さない考えを示した。

しかしこれは、私人間の売り言葉に買い言葉という性格のものではない。機動隊、すなわちいざとなればいつでも実力行使できる国家権力の看板を背負い、国家の意に沿わない住民を見下していると受け取れるもので、非常に危険なことである。

直接対峙した「活動家」に向けられたにとどまらず、基地に反対する沖縄の地元の人全員、さらには日本人全員に向けられたものだと言ってもいいような、不適切な発言である。

この問題は、「たちの悪い抗議活動がある」と主に極右派が主張していることと、「機動隊員が暴言を吐いた」ことは、全く別の次元の問題である。一見すると同じ時間軸の上に乗っているが、厳密に切り分けて考えなければならない。

そもそも、沖縄の人にとっては、米軍基地によって日常生活を脅かされてきた長い歴史がある。そのために反対運動も起こっている。しかし日本政府は住民の意見を集約しようとせず、基地移設ありきで工事を強行しようとしている形になっている。住民要求をまとめて反映することをせず、強引な手法を取る日本政府の態度は、問題である。

中には混乱に乗じて、過激派などたちの悪い者が紛れ込もうと策動していることは、ないとは言い切れない。しかし仮にそういうたちの悪いのがいても、基地問題への反対運動は、その土地で暮らす住民の要求から始まっている。

過激派や「たちの悪い」抗議行動だけをことさら強調して、反対運動そのものを「たちが悪い」と印象付けようとすることは、重大な誤りである。

また機動隊員が職務上の立場を背景にして暴言を吐き市民を恫喝するのが認められるとなると、街なかでも警察官が市民に対して一方的に難癖をつけて恫喝したり、逮捕や身柄確保などの権力的な措置を恣意的におこなえるようになってもおかまいなし、と言っているにも等しい。これでは重大な人権問題にもなってしまう。

松井知事の態度は、異なる次元の問題をごちゃまぜにして、機動隊員の行為を「大した事がない」かのように扱っているような、とんでもないものである。知事の資格があるのだろうか。

 

スポンサーリンク