アパホテルの時代錯誤認識

ニュース

アパホテルが客室に、南京事件(南京大虐殺)は捏造だとするような内容の書籍を置き、中国のネット上で批判が起きたと大きく報じられている。

その書籍はアパホテルの幹部が執筆したもので、自分の研究の成果を書いたなどとしたそうな。しかし内容は極右的なプロパガンダにまみれたもの。

南京事件については、存在したのは事実である。

具体的な犠牲者数については、研究では20万人ともいわれる。中国側は30万人の数字を出しているが、研究者によると30万人は多すぎなのではないかと考えられている。

事件そのものは存在した。犠牲者数や全容の解明については、歴史研究の手法によって、静謐な環境で研究が求められる。

しかし南京事件否定が極右派の政治的プロパガンダと結びつき、ややこしいことになってしまっている。日本軍の残虐行為を認めないという立場からは、幻だとか捏造だとか、事件そのものがあったとは認めても大したことはないとか、そういう矮小化のネタが聞かれる。

しかしそれらのネタは、使い古されたものであり、歴史研究の到達点とは全く異なるものである。

このような歴史研究上ではトンデモ扱いされるものを公然と持ち出すことこそ、国際社会における日本の品位を貶めることにつながるのではないのだろうか。

スポンサーリンク