維新信者のでたらめ:大阪市の中学校給食

橋下・維新愛情弁当論, 給食, 維新のデマ

ツイッターで見つけた維新信者のツイート。

ツイッターのプロフィールでは、自称「西成産まれ西成育ち西成在住」だそうな。維新を狂信的に支持するツイートを繰り返しているようです。

しかしツイートの中身、特に西成区関係に言及したツイートから察すると、こんなのが「西成産まれ西成育ち西成在住」とはとうてい思えない(苦笑)。西成区のことはろくに知らない、「あいりんの否定的現象を面白おかしくいうことが、西成区のすべて」「元々の西成区の住民のことなんて知ったことじゃない」というパラレルワールドにいるような、困った信者のようです。

当方が西成特区構想を批判したツイートにも、このアカウントから絡まれた覚えが(苦笑)。

「給食よりも「お母さんの愛情弁当」の方ガ~!と言ってた人」って、一体誰のことなんでしょう。

大阪市会の議事録をひもといてみます。愛情弁当で検索してみました。

検索で出てきたものには、愛情弁当論を批判的に取り上げている内容も目立ちます。しかし、愛情弁当を肯定的に取り上げていた市議が一人いました。

2007年12月26日の大阪市会文教経済委員会、辻淳子大阪市議の発言です。

私はどちらかというと愛情弁当の、今、こんだけ親と子の関係が希薄になってる時代、中学校の3年間、お弁当をつくってあげるということも親としては大変な、子供との関係をやっていくわけで大切な部分ではないかなというふうな考えで質問させていただいてるんです。

大阪市会議事録(2007年12月26日)
愛情弁当論の立場で質問した辻淳子大阪市議(2007年12月26日、大阪市会議事録)

辻淳子市議といえば、当時は自民党だったとはいえども大阪維新の会所属、しかも西成区選出です。

自称「西成産まれ西成育ち西成在住」の維新の狂信的な支持者が、西成区選出の維新市議にブーメランを投げつけているという、滑稽なことになっています。

スポンサーリンク