総選挙をめぐるめまぐるしい情勢変化

 総選挙をめぐって、情勢がめまぐるしく変化している。

 衆議院選挙に向けて、小池百合子東京都知事に近い若狭勝前衆議院議員が新党結成を模索し、小池百合子を代表とする新党「希望の党」を結成するとぶち上げた。

 民進党の前原代表が突然、「民進党の次期候補者を公認しない。立候補希望者は希望の党に合流する」とする方針をぶち上げた。トップ自身による組織乗っ取り・内部破壊ともいえるような方法で行われたこの方針には、候補者やスタッフ・支援者はもちろん、全国的に衝撃が走った。

 民進党の立候補予定者は全員「希望」に移れるのかといえばそうではなく、小池百合子が排除と選別の「踏み絵」を出した。元々極右思想を持つ小池百合子は、「希望」への入党・候補公認の条件として、憲法改正に賛成する、安保法制に賛成するという踏み絵を突きつけた。

 この一連の動きは、前原と小池百合子が組んだ左派リベラル系排除の動きではないかとみられた。

 また維新は、解散直前までは小池百合子を批判していた。しかし一転して接近し、東京と大阪の小選挙区で互いに棲み分ける方針を確認した。東京都では維新は小選挙区の候補者は出さない、大阪府では「希望」は小選挙区の候補者を出さないとした。

 このことで、都構想反対や安保法制で維新と厳しく対立し、住民の立場に立ってきた大阪の民進党の関係者には、はしごを外された形になって衝撃が走ることになった。

 一見すると不可解な維新と小池百合子の接近には、竹中平蔵と橋下徹の仲介があったとも新聞で報じられた。竹中も橋下も極端なネオリベ論者で、竹中は郵政民営化などの混乱を引き起こし、また橋下は大阪府・大阪市で学校・病院廃止など数々の破壊的行為をおこなった。

 マスコミでは小池百合子一派を「第三局」と持ち上げる動きを画策している雰囲気がうかがえるが、これでは極右にネオリベの組み合わせで、自民党安倍一派よりもより極端に危険で悪いものができることになる。

 一方で民進党の中にも、「希望」への参加を拒否し、無所属立候補やリベラル新党の結成を模索する動きもみられる。大阪府関係では、10区(高槻市・島本町)から出馬を予定している辻元清美前衆議院議員、2区(生野区・阿倍野区・東住吉区・平野区)の尾辻かな子氏が、すでに「希望」には入らないと表明した。枝野幸男氏を軸に、「前原代表の解任手続きには時間がない」として、リベラル新党結成の模索も始まっている。

 これらの状況から、総選挙の構図は、「自民・公明」vs「希望・維新」vs「野党共闘=共産・社民(+リベラル新党)と無党派市民を軸とした野党系候補」の構図になるとみられる。

 情勢は刻一刻と変化しているので予断を許さないが、民進党の心ある予定候補者は野党共闘の立場に立ち返ることで、極端な極右・ネオリベ勢力への対抗軸となることを願う。