「希望の党」:第一次公認候補者リスト発表される

2017年10月3日、小池百合子一派の「希望の党」の総選挙第一次公認候補リストが正式に発表された。

事前に流れていた内定候補リストとされるものに掲載されていた、北海道1区から出馬と指摘された中島正純氏(元大阪3区民主党・事務所費用架空支出疑惑)や、比例単独で出馬と指摘された樽床伸二氏(元民主党・大阪12区地盤)の名前はなかった。

吉羽美華氏は事前に流れていたリスト通り、東京24区での出馬。

大阪府関係で注目は、民進党で大阪19区から出馬を予定していた長安豊(たかし)氏が希望の党の兵庫11区候補に、また民進党で大阪7区から出馬を予定していた乃木涼介氏が希望の党の神奈川15区候補になったことも。

国政だけでなく大阪府政にも関わる森友学園問題。この問題に関して、国会でいい質問をしていた玉木雄一郎・福島伸享両議員も「希望の党」から出馬すると公認リストに入っている。「希望の党」は維新と組む形になっている。維新は大阪府政においては森友学園問題の主犯といってもいい。今までのような追及はできなくなるのではないか。