2017.10.10衆議院議員総選挙大阪5区・北山良三候補出発式

2017年10月10日は総選挙の公示日です。

大阪5区・北山良三候補(日本共産党)の出発式をのぞいてきました。

西淀川区の塚本駅西口でおこなわれました。

開始数分前に到着すると、北山候補はすでにスタンバイ。「国会のだんじりファイター」こと宮本岳志比例候補もいました。宮本・北山の両氏が支援者や瀬戸一正市議と談笑しています。

総選挙出発式 直前にd何勝する宮本岳志比例候補TOと北山良三大阪5区候補

写真にはかなり補正をかけたのですが……。

塚本駅西口は上を阪神高速の高架が走っていて、強い日陰になっていて写真が撮りにくい場所でした。普通に撮影したら黒く潰れた状態になってしまい、影を飛ばす補正をおこないました。

写真が黒くなっているのは宮本さんも北山さんも元々色黒だから――という因果関係があるはずもなく、塚本駅西口の撮影条件や、当サイトの中の人の写真の腕のせいなのかも(苦笑)。

写真のことはさておき、9時に出発式が始まりました。

20171010北山良三候補出発式

20171010 大阪5区出発式

選対本部長の挨拶や地元の応援弁士のスピーチの後、北山良三大阪5区候補、宮本たけし比例候補(比例近畿ブロック単独)がそれぞれ第一声。

北山候補は、出馬表明以来の1年半で選挙区の4行政区を自転車で駆け回ってきた、その距離は8966.55kmになる、その中で生活が苦しいなど暮らしの声を聞いてきた、暮らしの中の声を国政に届けたい・政治を変えましょうと訴えました。

次いで宮本岳志比例候補の第一声。

宮本さんは森友学園追及を最初に国会で取り上げたことに触れ、国会での論戦を紹介しながら、追及されたら解散で逃げているのは安倍内閣、真相究明を引き続きしていきたいと訴えました。

また大阪5区は、公明党候補との選挙区だが、公明党は自民党の悪いところとの接着剤になっている。大阪5区は北山良三を勝ち抜かしてくださいと訴えました。比例近畿ブロックでは5人以上押し上げてほしい、比例は日本共産党と訴えました。