2017.10.11 大阪3区・わたなべ結候補街頭演説:山本太郎参院議員が応援に

2017年10月11日、自由党共同代表・山本太郎参議院議員が大阪入り、大阪3区では市民と野党の共同候補でもある日本共産党・わたなべ結候補の応援演説を、3ヶ所でおこないました。

大阪3区わたなべ結候補を応援する山本太郎参議院議員。2017年10月11日、天下茶屋駅前。

大阪3区わたなべ結候補を応援する山本太郎参議院議員。2017年10月11日、大阪市西成区・天下茶屋駅前。

応援演説では、山本太郎氏と、自由党大阪代表・渡辺義彦氏が応援演説をおこないました。

当ブログ主はこのうち、昼12時からの天下茶屋駅での街頭演説の様子を見てきました。

別の方が街頭演説の動画をアップしています。その動画も是非ご覧ください。

天下茶屋駅に着くと、山本太郎参議院議員がマイクを握り支持を訴える演説カーが到着しました。

程なくして演説開始、自由党の渡辺義彦氏に続いて、山本太郎議員が演説。

訴える山本太郎議員

訴える山本太郎議員

山本氏は、「うそつかない、ぶれない、曲がらない」わたなべ結さんをと訴えました。

国民生活、消費税10%、景気の問題などをあげ、景気の問題ではお金があるところから税金を取るべき、それを皆さんに分配する、それが政治の基本。大阪3区ではそのことができる、庶民の気持ちがわかる信頼できる候補はわたなべ結さん、力を貸してほしいと訴えました。

続いてわたなべ結候補の街頭演説。

訴えるわたなべ結・大阪3区候補(日本共産党)2017年10月11日、天下茶屋駅前。

わたなべ結候補は、「野党と市民の共同候補の肩書きを託していただいた」ことを紹介しました。森友・加計疑惑の徹底究明、消費税10%増税中止、はたらく皆さんのルール作り、カジノを持ち込ませない、そういった政治をやりたい、託してくださいと訴えました。

憲法9条を守る抜いて生かす政治に。大阪3区は対決軸は鮮明、改憲勢力の代表か、野党の市民の共同化、安倍政権の元での改憲許さない、憲法生かして暮らしを豊かに、国民の声を聞くまっとうな政治をと訴えました。

また市民と野党との共闘の力の重要性を感じた、共闘の立場を発展するためにも日本共産党を大きく伸ばしてほしいと応援しました。

天下茶屋駅での演説会には「民意の会」代表の浅野秀弥さんが飛び入りで参加しました。浅野さんは「自分は自民党だが安倍首相や維新は嫌い。共闘の立場が重要。政党ではなく人として判断し、わたなべ結さんを応援する」と飛び入りスピーチしました。

わたなべ結候補の応援演説をする浅野秀弥「民意の声」代表 2017年10月11日、天下茶屋駅

わたなべ結候補の応援演説をする浅野秀弥「民意の声」代表 2017年10月11日、天下茶屋駅