姉妹都市解消問題:サンフランシスコ市の声明

吉村洋文大阪市長が、サンフランシスコ市に姉妹都市解消の通告をおこなった問題。

これに対して、ロンドン・ブリードSF市長が2018年10月4日付で声明を出しました。

STATEMENT FROM MAYOR LONDON BREED ON THE SISTER CITY RELATIONSHIP BETWEEN SAN FRANCISCO AND OSAKA

(Thursday, October 4, 2018)

“One Mayor cannot unilaterally end a relationship that exists between the people of our two cities, especially one that has existed for over sixty years. In our eyes, the Sister City relationship between San Francisco and Osaka continues today through the connection of our people, and San Francisco looks forward to strengthening the bonds that tie our two great cities together.

Japan and Japanese-Americans have a unique and rich history in San Francisco that has left a lasting and beneficial impact on our City. We are one of three cities in the nation with a Japantown neighborhood, which is an important part of what makes San Francisco a great, diverse city.

The San Francisco Comfort Woman Memorial is a symbol of the struggle faced by all women who have been, and are currently, forced to endure the horrors of enslavement and sex trafficking. These victims deserve our respect and this memorial reminds us all of events and lessons we must never forget.”

「一人の市長が、60年以上続いた2都市の人々の友好関係を一方的に終わらせることはできません。我々にとっては、人々のつながりはなお続いています。サンフランシスコ市としては、2都市の絆が強化されることを願っています」と表明しています。

喧嘩を売っているとも受け取れるような吉村市長の書簡(2018年7月11日、10月2日)に対して、冷静な対応です。

吉村市長の態度を批判しながら、市民の友好については大切にしたいという意向を示しています。ありがたいことです。

おかしな市長一人の意向で、姉妹都市関係が壊されたこと。これは記憶にとどめるべきでしょう。

スポンサーリンク