東京の「児相新設反対」ニュースに乗じて大阪市の児相問題でデマ流す吉村市長

東京都港区に児童相談所の新設が計画され、反対の声が出ているとして大きく報じられている。

報道などで伝え聞くところによると、反対意見は「街のブランドが下がる」などだという。「そんなものは区内の別の地域にでも持って行けばいい」など、他地域を蔑視しているとも受け取れるのもあったという。

反対の理由として報じられた内容が事実ならば、残念に思う。

一方で、どさくさに紛れてこの人がツイッターで変なことを。

「同じことを大阪市でも経験した」。これはいったい何を指しているのだろうか。

思い当たる事件は、北部こども相談センターの新設問題をめぐる混乱。市が区分所有権を持つタワマンの一角に児童相談所を新設しようとしたが紛糾し、最終的には別の場所に開設を決定したが開設時期は当初予定より遅れることになった問題。

しかし、報道で示されているような東京での「反対の声」と、大阪市での当該案件での反対理由は、全く異なるもの。大阪市の場合は、維新市政のほうに明らかに重大な問題があり、一緒にはできない。

大阪市の「タワマン児相」問題

大阪市の「タワマン児相」問題は、いわゆる「NIMBY」問題ではない。むしろ住民は、自分たちの利害関係だけでなく、大阪市全体の子育て環境や街づくりを考えていると受け取れる意見をだしていた。大阪市のほうがおかしな方向性に固執することで、子どもの生活環境を考えていないのではないと疑問に思うようなものだった。

建物の状況の問題。

  • タワマン住民と児童相談所利用者の動線を分ける設計とはなっていないことで、住民・利用者双方のプライバシーが保てなくなる。
  • 児童相談所で扱う内容は繊細な案件でもあり、プライバシーの問題にはより慎重さを期す必要がある。

立地条件の問題。

  • 当該タワマンは北区の南部にあり、管轄予定区域の一番南端に立地する。人口も多く相談件数も多い淀川区や東淀川区からも離れている。相談件数の多い地域によりよい条件の候補地があるのに、ここに固執する理由がわからない。
  • 当該タワマンは森之宮(中央区)の既存の児童相談所とも比較的近い距離でもあり、運営としても非効率ではないか。

児相で過ごす子どもの生活環境の問題。

  • 当該タワマンの施設予定部分では、日照条件が良くないことや、運動場がないことなど、施設で過ごす子どもたちの生活環境にも悪影響ではないか。
  • 第二候補地以下の淀川区の市有地などでは、運動場などのスペースが取れ、近隣住民も児相設置を歓迎していると聞く。

設置費用の問題。

  • 当該タワマンを改修して使用するより、第二候補地以下となっていた場所の建物を改修した方が、費用が安上がりなのではないか。

――こういった指摘が出されたと聞いている。

そして住民の反対意見が多数となり、大阪市は区分所有法の関係で最終的には断念した。

しかし吉村市長や維新は、「住民エゴで断念に追い込まれた」かのようにすり替えているという流れ。以前にも同じような中傷ツイートがおこなわれていたようにも記憶している。

もういい加減、おかしな中傷はやめてほしい。