自己矛盾だらけ

橋下・維新

 橋下徹という人、話に勢いだけはあっても、実際によく聞いてみるとその場限りで適当なことを言って自己矛盾だらけ。
▼区長公募→選考すらしていないうちから「西成区長を兼務することも考える」 応募した人の立場は??
▼「大阪市長は国と折衝をし関西広域連合で関西全体の仕事をし、大阪全体の広域行政も所管し、そして大阪市内24区の基礎自治体の仕事を担当する。そんなのできるわけない!」(ツイッター)と言いながら、「できるわけない」はずの大阪市長の仕事に執着した上、西成区長まで兼務しようとたくらむ。
▼教育基本条例で教員の相対評価→正当化しようとして生徒の内申書(相対評価)を持ち出す→なぜか内申書批判→そんな制度を教師にも導入するのかと問われて自滅
▼学校選択制や統廃合推進など公教育を縮小する方針を掲げながら、学習塾費用への補助などを打ち出す。

スポンサーリンク