2019.4.5 大阪市議選・山下よしき応援演説@阿倍野区

2019年4月5日昼、大阪市阿倍野区・あべのキューズモール前。

山下よしき参議院議員・日本共産党副委員長が、大阪市議選の日本共産党・石谷ひさ子候補(阿倍野区)の応援演説に来ていました。

「大阪市で生まれ、阿倍野区で子どもを育てた。大阪市・阿倍野区が大好きです」と切り出した石谷候補。「大阪都構想」反対やカジノ反対を訴え、「みんなが暮らしやすい阿倍野区に」と訴えました。

石谷ひさ子候補(共産・阿倍野区)の街頭演説。2019年4月5日、あべのキューズモール前

大阪市議選で「都構想反対」「みんなが暮らしやすい阿倍野区に」と訴える石谷ひさ子候補(共産・阿倍野区)。山下よしき参議院議員が応援(2019年4月4日)

続いて山下よしき参議院議員の応援演説。

消費税の問題などに触れ、暮らしを温める経済をと訴えていました。

教育の問題にも触れていました。大阪では維新政治で「チャレンジテスト」などテスト漬けの競争教育になっていることに触れ、また政府も維新のやり方はおかしいと言っていることにも触れ、テスト漬けではなくどの子もわかる・伸びるような教育に変えたいと訴えました。

特別支援教育の問題についても触れました。山下氏は、特別支援学校を視察して国会質問でとりあげたことを紹介しました。特別支援学校で「玄関ロビーで体育の授業をしている」「教室をカーテン1枚の間仕切りで2クラスが使っている」などの過密化を指摘し、安倍首相も「好ましくない」と答弁したことを紹介しました。障害児に豊かな教育をと訴え、教育環境の整備をと訴えました。そして、教育環境を悪化させたのは大阪では維新政治だと指摘しました。

街頭演説

街頭演説風景(あべのキューズモール前)

通行人が声援を送っていく場面が目立ちました。

タイトルとURLをコピーしました