大阪府のLRT建設構想

考察架空鉄道

 大阪府が、阿部野橋~難波間にLRT(路面電車)を建設することを検討していると、一部で報じられた。
 一般的に言えば、脱クルマ社会や、公共交通の整備としての、LRTの意義自体は積極的に検討されるべきものであろう。しかし少なくとも、大阪府の案では明らかに破綻が見込まれるルート設定といわざるを得ない。
 大阪府は天王寺・阿倍野エリアと難波・日本橋エリアを一体化した商業地にすることを検討し、その移動手段としてのLRTを検討しているという。
 想定ルートは、阪堺天王寺駅前駅から天王寺公園を北西方向に横切り、通天閣北側を通り、堺筋を経て日本橋、そして南海なんばに至るという。
 しかしこのルートは、地下鉄でも代替可能なルートとなっている。阿部野橋(天王寺)から難波へは御堂筋線1本だし、天王寺~通天閣・恵美須町は一応徒歩圏内となっている。新たにLRTを敷設しても採算が合わない、移動手段を設定するなら赤バスあたりが妥当じゃないか。
 また同じLRTを敷設するなら、鉄道駅から離れていてバスが高密度で運行している路線の方がまだ検討に値するのではないか。難波~大正橋~大正区役所前~鶴町とか、(玉造~)今里~大池橋~杭全(~湯里)とか、神崎橋~十三~大阪駅前~城北公園~守口車庫前とか。今の今里筋線は地下鉄じゃなくLRTで作った方が良かったんじゃないかとか思ったりも。
 

スポンサーリンク