大阪市の存続に賛成。大阪市の廃止、いわゆる「大阪都構想」は、市民自治の権限と財源を奪う暴挙であり強く反対。

大阪市議選・中央区再選挙は3月22日投開票

維新の不破忠幸大阪市議(中央区、事件発覚後離党・会派離脱)が2019年統一地方選挙で選挙違反をしたとして逮捕・起訴された事件。

最高裁での有罪確定を受け、大阪市選挙管理委員会は2020年2月17日付で、不破市議の当選無効の告示をおこなった。

これに伴い不破市議は失職し欠員が生じたため、大阪市議選中央区選挙区の再選挙(定数1)となった。選挙日程は、3月13日(金曜日)告示、3月22日(日曜日)投開票と決定した。

令和2年3月22日(日曜日)に市議会議員中央区選挙区再選挙が行われます
問合せ先:行政委員会事務局 選挙部 選挙課(06-6208-8513) 令和2年2月17日14時45分発表  大阪市選挙管理委員会は、大阪市議会議員中央区選挙区不破忠幸氏の当選無効に伴う再選挙について、令和2年2月17日、市選挙管理委員会..

2月17日、共産党から小川陽太前市議が立候補表明。

また、維新や自民党もそれぞれ、候補者公募をおこない、選定の手続きを進めているという。

しかしまあ、維新の不祥事が原因で起きた再選挙なのに、当人に対しては離党・会派離脱の受理だけで辞職勧告なともせず、さらには再び議席をかすめ取ろうと狙っている維新というのも、ひどいものですな。

中央区は直近の2019年統一地方選挙や、それまでの国政選挙・地方選挙からみても、維新の勢力が特に強い地域の一つとみられる。非維新側がどれだけひっくり返せるか、差を詰められるか、そして議席をもぎ取れるかがカギになってくる。

タイトルとURLをコピーしました