大阪市の存続に賛成。大阪市の廃止、いわゆる「大阪都構想」は、市民自治の権限と財源を奪う暴挙であり強く反対。

「買い物」松井市長発言、批判起きる

新型コロナウイルス対策で松井一郎大阪市長、スーパーの混雑緩和に関連して以下のようなおかしなことを。

大阪市長「女性は買い物に時間」 スーパー混雑問題で

共同通信2020年4月23日

松井一郎大阪市長は23日の記者会見で、新型コロナウイルス対策で飲食店の営業が減り、スーパーが混み合っている問題について「(女性は)商品を見ながらあれがいいとか時間がかかる。男は言われた物をぱぱっと買って帰れるから(男性が)接触を避けて買い物に行くのがいいと思う」と述べた。

偏見に基づいた発言で、男女は関係ないと記者が指摘すると「それはそうやね。わが家では時間がかかる」と釈明した。

これは性差別・偏見ではないかと批判が出ている。

松井氏本人や家族の状況はどうかなど、松井家の個別事情は知らない。

しかしこういうことを「女は」「男は」と主語を広くとって過剰に普遍化し、性別によって行動を決めつけ押しつけるのは、偏見・ジェンダーバイアスにあたる。

性差よりも個人差の問題で、性別の属性によって普遍化されるべきものではない。ましてや固定化した観念によって、性別による行動を決めつけられるようないわれもない。

これに対して批判が出るのも、必然的だといえる。

一部では松井発言を「性差別を許さない」と批判するふりをしながら、批判の理由に「女性だから買い物に時間をかけるのは当たり前。短くて済むような男性の野蛮な買い物とは違う」とばかりの、「それも松井発言と大差ない性差別・偏見そのもの」というべき斜め上の主張をあげ、「それじゃ批判ではなく援護射撃だろう」というようなよくわからないのもいる。世間では有名な「フェミニスト」の一人と認識されているこの人とか。

しかし、「女性は買い物が長い」も「男性は買い物が短い」もどちらも、古い性別役割分担観念に基づいた一方的な偏見。そういう偏見・ジェンダーバイアスで、性別属性だけで荒っぽくくくるのではなく、個々人の能力や個性をきちんと扱うべき。古い観念からは脱却したい。

海外でも報じられる

海外メディアでも、批判的に取り上げられている。

ロイター『Osaka mayor draws criticism after saying women are slow shoppers』。(大阪市長、「女性は買い物が遅い」と批判)

Osaka mayor draws criticism after saying women are slow shoppers
The mayor of the western Japanese city Osaka came under fire on social media on Friday after saying women take longer than men shopping for groceries as he trie...

CNN『Japanese mayor says men should grocery shop during pandemic as women ‘take a longer time’』(日本の市長、「パンデミックの間、男性が買い物に行くべき。女性は買い物により時間がかかる」と発言)。

Japanese mayor says men should grocery shop during pandemic as women 'take a longer time'
A Japanese mayor is facing a public backlash after he said men would make more effective grocery shoppers than women as Osaka officials struggle to prevent over...

松井発言は、全くもって時代錯誤発言である。外国語に翻訳されて世界に紹介されるほど恥ずかしいものはない。

このような時代錯誤発言をおこなう者が都市の首長であり、政党の党首であるというのは、ちょっとこれは恥ずかしいなんてものではない。

タイトルとURLをコピーしました