大阪市の存続に賛成。大阪市の廃止、いわゆる「大阪都構想」は、市民自治の権限と財源を奪う暴挙であり強く反対。

維新宣伝カー、煽り運転まがいで宣伝妨害

大阪市廃止・特別区設置住民投票に際して、石川博紀大阪市議(自民党・東淀川区)が宣伝カーで宣伝中、維新の宣伝カーから妨害を受けたとのこと。

動画を見ると、

  1. 自民党宣伝カーは交差点で赤信号待ち。
  2. そこに維新の宣伝カーが右側から通過、右折。
  3. 信号が青に変わり、自民党宣伝カーは右折。維新宣伝カーは道の向こうで方向転換している様子。
  4. 維新宣伝カーが自民党宣伝カーを追いかけてぴったりとくっつき、煽り運転といってもいいような行為。
  5. 自民党宣伝カーがマイクを握っているにもかかわらず、維新宣伝カーがそのすぐ後ろから音をかぶせる狼藉。動画では内容までは聴き取れなかったものの、維新宣伝カーが音を出しているのも入っている。石川市議によると「罵声があった」とのこと。

こんなむちゃくちゃな宣伝、ありえない。宣伝カーが街中でバッティングすることはあるが、あとから来たほう・後ろを走っているほうはマイクを自粛するのが「不文律」となっている。

しかもこれ、わざわざUターンしてまで他陣営の宣伝カーを追いかけていく事自体が考えられないが、よりによって「アホ(アホは敬称)」こと足立康史衆議院議員が、維新の宣伝カーに乗車して罵声を浴びせていたとか。

足立は、宣伝カーに乗車していてマイクを握っていた事実は認めている様子。

しかし謝罪するふりをしながら、ひどい言い訳と責任転嫁。これが維新のやり方なのだな。

維新はほかにも、あちこちで妨害行為を繰り返している様子。許されることではない。

「大阪市廃止反対」宣伝に維新からの妨害行為相次ぐ
大阪市存続を求める宣伝に、維新関係者が威圧して妨害する行為が報告されている。 山田けんた大阪府議によると、2020年10月17日夕方の街頭宣伝中、近づいてきた維新関係者から執拗にヤジを飛ばされるなどの妨害を受けたとのこと。 ...
タイトルとURLをコピーしました