ストーリー:橋下現象という大渦(その1) 源流は司法修習時代

橋下・維新

 毎日新聞2012年4月15日付大阪朝刊『ストーリー:橋下現象という大渦(その1) 源流は司法修習時代』
 全体的には橋下徹大阪市長を持ち上げる内容となっている。しかしそれでも、橋下氏にまつわるブラックなエピソードが紹介されていた。
 橋下氏と司法修習で動機で、弁護士から衆議院議員を経て兵庫県明石市長に転じた泉房穂氏の証言。

 「橋下は破れた革ジャンをタダ同然で仕入れて1着3万円とか5万円で売って大学を卒業したと言っていた。『破れたやつを売ったらまずいやろ』と言うと『どこが悪いんですか。気付かずに買うのはお人よしや』と」。そのあっけらかんとした物言いには、同じように苦学して大学を卒業したこともあり驚いたという。

 詐欺まがいの商売をして、驚かれても「だまされる方が悪い」とでも言いたげな物言い。これが橋下の本質である。

スポンサーリンク